マルラオイル アルガンオイル

マルラオイルとアルガンオイルの違いは?

マルラオイルとアルガンオイルの違いは?

このところ、良質な美容オイルの人気が高まっていますね。

 

なかでも、アルガンオイルの人気はすっかり定着していますが、
最近では、そんなアルガンオイルに負けず劣らず注目を集め始めているのがマルラオイル。

 

というのも、この2つの美容オイルは、効能や効果の違いが分からないほどソックリなんですよね。

 

そうなると、「一体どう違うの?」「どっちが私に合うの?」って思う人も多いはず。
そこで、この双子のような美容オイルの特長などを自分なりにまとめてみました。

 

アルガンオイル

適してる肌質 老化肌、乾燥肌、敏感肌、トラブル肌
主成分 オレイン酸、リノール酸、ビタミンE
香り わずかにオイルの香りがある
酸化特性 酸化しにくい
特長

モロッコ南西部のサハラ砂漠にしか生息しないアルガンツリーの果実の種子から抽出したオイル。わずかしか採れない希少な美容オイルであることから「万能オイル」「モロッコの黄金」などと呼ばれています。

 

ビタミンEが豊富で、抗酸化力はオリーブオイルの約3〜4倍。とくに肌の老化防止の効果が高く、主にエイジングケアオイルとして使用されます。オイルでありながら、サラッとしていてベタつかない使用感も特徴。

 

吹き出物・ニキビ跡などトラブル肌の回復にも有効とされています。

マルラオイル

適してる肌質 老化肌、乾燥肌、アトピー肌、トラブル肌
主成分 オレイン酸、リレノン酸、ビタミンE
香り ほとんど無し
酸化特性 酸化しにくい
特長

南アフリカの乾燥や紫外線が厳しい環境で育ったマルラの木の実から抽出。わずかしか採れない希少な美容オイルであることから「最高峰のオイル」「神の木のオイル」「次のアルガンオイル」などと呼ばれています。

 

ビタミンEが豊富で、抗酸化力はオリーブオイルの約10倍。アルガンオイルと同じく、肌の老化防止の効果が極めて高く、主にエイジングケアオイルとして使用されています。サラッとしていてベタつかない使用感も共通の特徴。

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー肌による赤みや痒みにも有効とされています。

 

こうして比較してみても、マルラオイルとアルガンオイルには、
ほとんど効能や効果に違いはありません。
成分的には、マルラオイルの抗酸化力が少し際立っている感じですね。

 

ただ、どちらのオイルも豊富なビタミンEによる強い抗酸化作用があり、
アンチエイジング効果が高く、含まれる必須脂肪酸は、
肌の潤いを乾燥から守ってくれます。

 

とくに乾燥対策をはじめ、シワやくすみなど年齢に伴う悩みが絶えない
アラフォー世代のスキンケアには、この2つは理想的なオイルです。

 

ただし、アルガンオイルもマルラオイルも非常に希少なオイルのため、
価格が他のものと比べて少し高いのがデメリットかもしれません。

 

ですので、もしこの2つの美容オイルが安く売られている場合は、
添加物が加えられていないか、品質管理は大丈夫か、その2点は要チェックですね。

 

マルラオイルとアルガンオイルどっちを選ぶ?

 

私自身アルガンオイルとマルラオイルの2つ所有していますが、
マルラオイルはアレルギーやアトピーに効果的とされる
天然の抗ヒスタミン作用が認められているため、より肌に優しく扱いやすいオイルです。

 

オイル特有のニオイも全くと言っていいほどありません。

 

ですので、美容オイルの最初の1本としてどちらかを選ぶのなら、
アルガンオイルより肌に合わせやすいマルラオイルが個人的にはオススメ。

 

この2つの他にも肌に良いオイルが沢山あるようなので、
オイルを調べながら自分の肌に合うものを探すのも楽しいかもしれませんね。

 

個人の経験上ですけど、乾燥肌やエイジングケア目的なら、
アルガンオイルもマルラオイルもどちらも良いです。
乾燥しやすく敏感肌に傾いているなら、マルラオイルが向いているという感じでしょうか。

 

マルラオイルはこんな人にオススメです

 

ちなみに、私は娘の肌でマルラオイルの抗ヒスタミン効果を実感することがありました。

 

私が敏感肌のせいか、2歳の娘も痒みでポリポリ体を掻いてしまうこと多く、
口の周りに赤い発疹ができることがありました。

 

病院の塗り薬でも効かなかったけど、娘のお風呂上がりにマルラオイルを塗ってからは
掻くことが少なく、顔の赤いポツポツも2〜3日でキレイになったのです。

 

もちろん、私もお風呂上がりの乾燥対策やエイジングケアにと、アレコレ使っているので、
マルラオイルは家族で有効に使えるという点でも、私にとってはポイントが高いです。

 

保湿やエイジングケアの場合は、アルガンオイルと比べて、
そこまで目に見えてハッキリした効果や効能の違いは分かりません。

 

ただ、マルラオイルには季節の変わり目の花粉対策とか、
肌質のブレにも対応できそうな抗アレルギー作用があるので、
肌が弱い私としては、年間を通してマルラオイルの方が出番は多いです。

 

ベタベタせず乾燥から守ってくれるし、メイク後のしっとり感が持続するから
化粧くずれもしにくい、という点でも満足しているので、
これからはマルラオイル1本でもいいかなと思っています。

 

化粧水後のマルラオイルだけで潤いが続くからコスパも恐ろしく高いので、
個人的には満足しています。

 

敏感肌にも優しいマルラオイルなら「ヴァーチェ」ですね

 

私は、ミネラルコスメで知られる「エトヴォス」の姉妹ブランドから誕生した
「ヴァーチェ(VIRCHE)」のマルラオイルがお気に入りです。

 

肌に必要な成分のみを厳選しているため、南アフリカ産のマルラオイルが
無添加・無着色・無香料で100%配合されています。

 

先述したように、皮膚トラブルにも有効といわれる抗ヒスタミン作用もあるため、
敏感肌でも安心して使えますよ。口に入れても問題ないほど安全です。

 

>>最高峰の美容オイル!ヴァーチェ マルラオイルの公式サイトはこちら